日本人が卵子提供を受ける条件とは?

日本人が卵子提供を受ける条件とは?
Pocket

女性の社会進出によって晩婚化が進み、高齢出産の事例が増えているのが日本です。女性の卵子は、年齢を重ねるにつれて劣化することもあり不妊に悩む人の割合も増えつつあります。卵子の劣化することで不妊の症状に悩む人にとって、卵子の提供を受ける不妊治療は成功率が高く適していると言えます。しかし、日本で卵子の提供を受けるためにはJISART(日本生殖補助医療標準化機関)のガイドラインに適応していることが条件になっています。今回は、日本人が卵子の提供を受けるときに知っておきたい条件についてご紹介します。

提供を受ける側の条件

日本人が卵子提供を受ける条件とは?

日本国内で不妊に悩む人が卵子の提供を受けるためには、いくつかの条件を満たす必要があります。日本国内で卵子の提供が受けられる人は「卵子が存在していない人」「重い遺伝性疾患を持っている人」「6回以上の体外受精で妊娠や出産ができなかった人」などです。

日本の生殖医療のなかでも、卵子の提供を得て体外受精を行う方法は非常に高度な技術を必要とします。また、倫理観点の問題点を指摘する人もいるため日本国内で卵子の提供から体外受精を行う方法は一般的ではありません。日本では卵子の提供に関する法規制がなく生殖医療に関する整備が整っていないとも言えるでしょう。

しかし、もともと体の中に卵子が存在しなかったり、重い遺伝性疾患を持っていたりする場合は、妊娠・出産にいたる可能性が極端に低下するだけではなく、子供ができた場合であっても重い遺伝疾患を抱えてしまうケースもあります。日本国内で卵子の提供を受けられる人は、自分の卵子では子供を作ることが難しい場合に限定されるのです。

提供する側の条件

卵子はドナーとして提供する側にも条件があります。卵子提供について日本では明確な法規制はありませんが、アメリカで卵子ドナーに協力した場合、生まれてくる子供の親権は放棄しなくてはなりません。なお、アメリカで卵子ドナーに協力すると謝礼金が支払われるケースが多いです。卵子を提供する際の条件として挙げられるのが「年齢が40歳未満であること」と「子供がいること」です。

卵子は、女性の体と共に年を取ります。女性の体の中で卵子が作り出されるのは、女性の体が胎児である時期に限定されます。産まれた後、女性の体の中で貯蓄されている卵子は年を追うごとに減少していきます。卵子が完全になくなってしまうと、自然妊娠することはできなくなります。また、卵子が完全になくなっていなくても年齢を重ねると共に卵子の質は低下していきます。卵子の質が低下することでうまく精子と受精できなかったり、受精卵になった後も子宮に着床できなかったりなどのトラブルに見舞われやすくなるのです。

卵子の質が低下すると遺伝性の疾患を発症しやすくなるため、目安として卵子のドナーには年齢制限が設けられています。若くても妊娠をした経験がない人は、卵子のドナー提供をすることはできません。年齢が若くても女性ホルモンの分泌が乏しいために、体内で十分に卵子が成熟しない体質の人もいます。若年で出産経験がない場合は、産婦人科などで精密な検査を受ける機会も少ないでしょう。妊娠する確率が高い、良質な卵子を提供してもらうためにも妊娠経験がある女性の卵子ドナーが求められているのです。

条件に適応しない場合はどうすればいい?

卵子を提供してもらう不妊治療を受けたいけれど条件に当てはまらないという人は、海外で卵子提供を受けるのも方法のひとつです。

実は、卵子提供による不妊治療を希望する夫婦は日本国内にも多くいます。その多さから、日本国内には海外での卵子提供をサポートする会社があるほどです。卵子提供をサポートしてくれる会社は、ドナーの選定から医師の紹介、渡航手続きなどを行ってくれるため大変便利です。

日本人が卵子提供を得ている国としては、アメリカやマレーシアmヨーロッパの一部の国などがあげられます。特にアメリカは着床前診断に対する厳格な取り決めがないため、提供された卵子を体外受精させた後に診断を行えます。着床前診断は、DNAの中にある染色体の組み合わせや数、構造を詳細に把握できる診断です。

染色体に異常がなく健康な胚を選ぶことで、女性の体内で着床する確率もアップします。また、アメリカは唯一着床前診断による産み分けを許可している国でもあるため、生殖医療が進んでいると言えるでしょう。ただし、国外で卵子提供による不妊治療を行うと高額な費用が必要になるため注意しましょう。

国外で卵子提供の状況は?

日本人が卵子提供を受ける条件とは?
アメリカのほかに国外で卵子の提供を受ける場合は、マレーシアを選ぶ日本人も多いです。マレーシアでは最先端の医療技術を受けられます。さらに、時差が少ないので身体の負担が少なく、費用はアメリがよりも安く抑えられるので費用の負担も軽減されるでしょう。例えばF-visionで卵子提供による不妊治療を受ける場合、ハワイでは治療費や渡航費、滞在費を含め560万円ほど必要になります。しかしマレーシアでは340万円ほどと、費用に大きな差があるのがわかるでしょう。

また、海外で卵子提供を受けて体外受精を行う場合、1回の胚移植を行うために必要な期間は3カ月~4カ月です。卵子提供による体外受精は、時間がかかる治療法でもあるため夫婦で揃って時間を取ることが望ましいでしょう。

日本人の不妊治療に役立つ情報を得よう!

日本人が国内で卵子の提供を得て不妊治療を行う場合は、条件に当てはまっていなくてはなりません。しかし、条件に当てはまっていなくても卵子の提供を得て不妊治療を受けたいと願う夫婦は日本にもたくさんいます。そのようなときは、海外で不妊治療を受けるのもひとつの方法です。卵子の提供を得たうえで体外受精の治療を受けたい場合は、アメリカやマレーシアなどへ入国することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。海外の不妊治療は国によってルールが異なるので、各種情報はできるだけ正確性を重視して入手しましょう。
関連記事:「卵子提供は日本で可能?海外の事情もご紹介!

F-visionの卵子提供プログラムの流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る