卵子提供のお礼はいくら?ドナーへの謝礼金について

卵子提供のお礼はいくら?ドナーへの謝礼金について
Pocket

卵子提供のドナーになることを考え始めるきっかけは人によって違います。そのため、ドナーになりたいという思いに温度差があることは否めません。中には謝礼金を目的にドナーになることを選ぶ人もいるようです。確かに、自分の身を削って第三者のために卵子を提供するのですから、謝礼金があって当然だと考える人がいても不思議はありません。人の役に立ちたいという一心で提供する場合であっても、謝礼金を受け取ることに問題はないはずです。では、卵子提供ではどんな場合でも必ず謝礼金が支払われるのでしょうか。また、もらえるならいくらぐらいが相場なのでしょうか。この記事では、ドナーへの謝礼金について解説します。

実は日本での卵子提供は謝礼金がない?

卵子提供のお礼はいくら?ドナーへの謝礼金について
日本では特定の条件のもとでのみ卵子提供が行われます。専門機関としてはJISARTやOD-NETがあります。しかし、JISARTやOD-NETによる卵子提供の場合、ドナーへの謝礼金は原則としてありません。卵子提供はあくまでもボランティアであり、対価を要求したり受けたりすることは禁止されています。日本では倫理的な問題から、卵子提供は若年性の卵巣不全などで卵子がない場合以外は認めないなど厳しい条件が求められています。卵子提供ドナーにも35歳未満で既に1人以上子どもを出産している人など細かい条件があるため、もともと卵子提供ドナーになれる人が少ない状況です。もしも、謝礼金が当たり前のように支払われるとなると、めったに現れないドナーですから、謝礼金が高騰することも想像されます。日本で行われる卵子提供で謝礼金を渡したりもらったりすることが禁止されているのは、お金儲けのために卵子売買をするのを防ぐためです。しかし、謝礼金がもらえなくても、事前に検査を受けたり、ホルモン剤の自己注射を打ったりしなければならない手間や労力は変わりません。体に負担がかかり、排卵誘発剤の使用や採卵手術の際に多少なりともリスクがあることは海外で受ける場合と同じです。それなのに、日本では完全なボランティアであることが求められます。しかも、法整備が遅れているため、卵子提供ドナーも実際に産む母親の立場も曖昧です。そのため、同じドナーとしてリスクを背負うなら、謝礼金をもらえる海外での卵子提供を選ぶという人がどうしても多くなってしまいます。そうなると、ドナーがなかなか見つからない状態になりがちです。卵子提供を受ける側も海外へ行って受けるという選択をせざるを得なくなります。

謝礼金が発生するのは海外で卵子提供をした場合

卵子提供のお礼はいくら?ドナーへの謝礼金について
海外で卵子提供をする場合は、ドナーに対して謝礼金が支払われるのが一般的です。海外のクリニックで卵子提供する場合は、採卵も海外のクリニックで行います。そのため、ドナーも渡航が必要です。血液検査から採卵までおよそ20日もドナーを拘束することになります。もちろんドナーに負担がかかるのは日本で採卵を行う場合も同様です。しかし、より負担が大きくなるためドナーに謝礼金が払われると考えられます。海外で採卵する場合は海外への渡航費や滞在費、手術費なども必要です。その分の費用も含めて50万円以上の金額になることが多いようです。海外のクリニックで採卵が行われる場合は、日本のエージェントに登録している場合でも謝礼が支払われます。ただし、渡航先によって卵子提供に対する考え方や謝礼の相場が違うのが現実です。どの国のクリニックで採卵手術を受けるかによって、謝礼金に差が出ることも少なくありません。登録先によってどのくらい差があるのか気になるようなら、webサイトなどに書かれているおよその金額をチェックしてみてもよいでしょう。実際にドナーになった経験がある人のブログなどに金額の記載がある場合もあります。例えばF-visionでは、帰国後にご協力金(謝礼金)として60万円をお支払いしています。もちろん渡航の際に立替えた費用は別途お支払いいたします。卵子提供を行うのが国内か海外かで謝礼金にこれほどの差があるため、海外の方が魅力的に感じられるでしょう。

金銭目的のみだとドナーになるメリットが少ない理由

日本では卵子提供ドナーに謝礼金は出ませんが、海外では出るのが一般的です。しかし、金銭目的のみでドナー登録をすることはあまりおすすめできません。ほとんど費用をかけずに海外渡航ができ、現地で観光できるという点はメリットに感じるかもしれません。しかし、完全に自由というわけではなく、例えば採卵日までは体にハードな負荷をかける行為はNGです。また、20日近くスケジュールを空けておかなければならないので、その間仕事ができません。それに、採卵は少なからず体に負担がかかる行為ですし、ホルモン剤や排卵誘発剤の使用によって、副作用に悩まされることもあり得ます。そのため、これらのようなリスクを負う可能性があるということを十分理解することが必要です。そして、卵子提供ドナーは、不妊に悩む人の役に立てるというボランティアの意識がないと務まりません。決して謝礼金を期待する気持ちを否定しているわけではなく、アルバイトのような感覚でボランティアの気持ちが全くないのは難しいかもしれないということです。人の役に立っているという気持ちこそが様々なリスクをカバーし、得られる最大のメリットとなるのではないでしょうか。

不妊に悩む人の役に立つことがドナーの役割

卵子提供ドナーになれば必ずしも謝礼金がもらえるわけではなく、日本での卵子提供には謝礼金が出ません。海外で行われる卵子提供のドナーになった場合だけです。まとまった金額の謝礼金をもらえますが、海外への渡航が必要ですし、拘束される日数も20日前後と長期間に渡ります。金銭目的だけでドナー登録すると務めるのは難しいかもしれません。卵子提供ドナーの役割は不妊に悩む人の役に立つことです。ボランティア精神が大事です。謝礼金は卵子提供を受けた人の感謝の気持ちだと受け止めるようにしましょう。
関連記事:「探す人も登録する人も知っておくべき卵子提供ドナーに関する知識

F-visionの卵子提供プログラムの流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る