ドナー登録者が海外で卵子提供をする方法まとめ

ドナー登録者が海外で卵子提供をする方法まとめ
Pocket

卵子提供のドナーになるなら、海外での提供を視野に入れて登録先を選ぶのがおすすめです。日本国内でも卵子提供ドナーになることは可能ですが、条件が厳しいため、意思が活かされないケースがどうしても多くなります。不妊に悩む夫婦の役に立ちたいという気持ちを現実のものにするためには、思い切った行動も必要です。この記事では、どうやってドナー登録をすればよいかとともに、海外でドナーとなる方法についてまとめて紹介します。

卵子提供ドナーとは何をする人?

ドナー登録者が海外で卵子提供をする方法まとめ
卵子提供ドナーとは何をする人なのかを説明する前に、まず卵子提供の意味を説明します。卵子提供とは、主に卵子に不妊の原因がある夫婦が子どもを授かるために、第三者女性が妊娠可能な卵子を提供し、人工的に妊娠させる方法です。第三者女性の卵子と、夫の精子を体外受精し、受精卵を妻の子宮に移して着床させます。卵子提供ドナーとは、この一連の流れの中に登場する卵子を提供する第三者女性のことです。卵子提供の場合、妻が妊娠・出産しますが、生まれてくる子どもは妻の遺伝子を受け継ぎません。ドナーと夫の遺伝子を受け継ぐ子どもが生まれます。そのため、日本では倫理的に問題があるという見解がまだまだあるのが現状です。そのひとつが産婦人科学会で、卵子提供には否定的な立場をとっています。不妊治療を受けている夫婦が医師に卵子提供を相談すると、断られるケースは少なくありません。日本でも卵子提供は行われていますが、条件が厳しく、実施されている件数が少ないためです。その結果、卵子提供を希望する夫婦は海外で卵子提供を受けることになります。卵子提供ドナーになることを希望するのであれば、海外の医療機関と提携している日本のエージェントに登録するのがおすすめです。

エージェントを見つけよう!卵子提供ドナーに登録する方法

卵子提供ドナーになるためには、ドナーとレシピエントの間を取り持つエージェントにドナー登録をしましょう。登録方法はエージェントによって異なりますが、大まかな流れはほとんど同じです。海外での卵子提供ですから、海外のエージェントに登録する方法もありますが、言語などの問題でやり取りが難しくなります。海外のクリニックと提携している日本のエージェントを探して登録するのがおすすめです。まずはエージェントと連絡を取りましょう。連絡の取り方としては、電話以外にもメールやwebサイトの申込みフォームがあります。卵子提供について疑問があるなら、事前に電話やメールでわからない点を質問し、納得してから申し込むようにしましょう。申し込みが済んだら、登録前にエージェントのカウンセリングを受けます。申し込んだ後でも不安や疑問がわいてくることはあるはずです。それらをカウンセリングですべてクリアにするようにしましょう。カウンセリングが済んだらいよいよドナー登録です。登録する際には職業や病歴、生活習慣など事細かなプロフィールを作成します。ドナーに選ばれやすくしたいからといって、嘘偽りを申告するのはNGです。

オファーをもらったら海外へ!卵子提供の流れ

ドナーとしてのオファーを受けたら、海外で卵子提供を行うことになります。エージェントによって卵子提供までの流れが若干異なりますが、一般的な流れを紹介します。正式にドナーとなった時点でまず行われるのが、日本での血液検査です。血液検査を受けた段階で、ドナーとしてふさわしくないと判断されたら卵子提供は行えません。ですから、ドナー登録した後も健康体を保ち続けることが大事です。血液検査でOKが出たら、毎日決まった時間にピルを服用し、生理日の調整を始めます。採卵では、排卵直前の卵子を卵巣から直接採取するため、時期を見計らって渡航します。現地のクリニックでは再度検査や採血を受け、ホルモン剤を自己注射しながら待機します。採卵手術自体は短時間で済みますが、それまでの準備期間に注意が必要です。生活の制約も受けるので、休みの調整が必要になることも考慮しておかなければなりません。渡航先での滞在期間は20日前後が一般的です。ドナーとしての指名を受けてから日程の調整ができず断るようなことになると、卵子提供を受ける側にもエージェントにも迷惑がかかります。エージェントには前もって提供までの流れを確認しておき、ドナーとなることが可能かどうかよく考えてから登録することが大事です。

旅行気分はうれしいけど… 海外で採卵するメリットとデメリット

ドナー登録者が海外で卵子提供をする方法まとめ
卵子提供ドナーとなることにはメリットもあればデメリットもあります。メリットだけを重視してドナーになると、後で思わぬデメリットに気づき慌てることになります。あらかじめメリットもデメリットも十分に理解したうえでドナー登録することが大事です。海外で卵子提供ドナーとなることのメリットは、まず渡航費用なしで海外に行けることが挙げられます。提携先の医療機関がどの国かによって渡航先は変わりますが、ハワイやサンディエゴなどがあるでしょう。渡航先では体調に配慮しながら観光もできます。お金をかけずに海外へ行って観光もできるのは大きなメリットといってもよいでしょう。一方、採卵のために20日前後自分のスケジュールを空ける必要がある点はデメリットといえます。また、慣れない海外で、ホルモン剤の自己注射やクリニックでの検査を受けなければなりません。日本語スタッフがいても、日本とは異なる生活環境や現地の言語にストレスを感じることも否めません。渡航先の国の情報を把握しているだけでも気分は変わってくるものです。事前にどの国の医療機関と提携しているのかを調べたうえでドナー登録をするとよいでしょう。最後に、海外での卵子提供に限った話ではありませんが、卵子ドナーになる最大のメリットは、人の役に立てるということです。このボランティア精神から生まれる人助けの満足感があってこそ、卵子提供ドナーは続いているといえるでしょう。

バイト感覚は禁物!メリットとデメリットをしっかり把握して

卵子提供には誰かの役に立ちたいというボランティアの考え方が欠かせません。海外での卵子提供を自己負担が要らない海外旅行感覚で捉えるのは問題があります。謝礼金がもらえるからといってバイト感覚で行うのもよくありません。メリットはありますが、その分デメリットもあります。スケジュールを長期間空けなければならないだけでなく、多少なりとも自分の体に負担がかかるということも正しく理解しましょう。メリットとデメリットの両方をふまえたうえでドナー登録することが大事です。
関連記事:「探す人も登録する人も知っておくべき卵子提供ドナーに関する知識

F-visionの卵子提供プログラムの流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る