自然妊娠で子どもを授かる高齢妊活3つの方法

Pocket

赤ちゃんを授かるならできるだけ自然妊娠がいいと考えている女性は少なくないでしょう。それは35歳以上でも同じはずです。35歳以上は高齢妊活になるから、自然妊娠は難しいかもしれないと最初からあきらめてしまう必要はありません。自然妊娠できるかどうかには個人差がありますから、まずはできることを一通りやってみましょう。この記事では自然妊娠を望む35歳以上の女性に向けて、どうすれば自然妊娠しやすくなるのかを解説します。

まずは不妊の知識をおさらい

結婚してすぐに自分は不妊ではないかと思い込んでしまう人がいます。そう思い込んでしまったことがストレスになり、なかなか妊娠できない原因になっているケースもあります。ですから、まずは不妊とは何なのかということから説明していきましょう。日本産婦人科学会では、1年間夫婦生活を営んでも妊娠しないことを不妊と定義しています。しかし、世界保健機関や国際産科婦人科連合ではその期間を2年としています。ですから、本来なら1年~2年間は自然妊娠を試みてから不妊治療を考えるという流れになります。ただし、35歳以上の高齢妊活の場合は少し違ってきます。女性が妊娠できる期間は限られているため、あまり長く猶予を取ってしまうと、不妊治療に切り替えても妊娠できなくなってしまう可能性が出てしまいます。そこで、35歳以上の高齢妊娠に限っては6カ月経過しても子どもができないようなら不妊と判断するケースもあるということを覚えておきましょう。また、医師が不妊という判断をしたときでも、自然妊娠が難しいという意味で、妊娠できないといっているわけではないということも理解しておきましょう。

年齢で見る妊娠と流産の確率

35歳以上になると自然妊娠が難しくなるといわれるのには理由があります。実際に年齢が上がると共に妊娠率が下がり、流産率が上がるからです。もちろん、自然妊娠の確率はなかなか統計が取れるものではないためはっきりとはわかりませんが、不妊治療を行った際の妊娠率や流産率ならわかります。日本産婦人科学会のデータによると、25歳から30歳の妊娠率は25%~30%でほぼ変わりませんが、30歳を過ぎるころから大きく減り始め35歳を過ぎたころには20%を切り、40歳を過ぎると15%、41歳では10%と大きく減ってしまいます。それに対して、流産率は25歳から30歳は10%を切っているのに、30歳を超えるころから増え始め、35歳では10%をわずかに超え、40歳では15%を超えてしまいます。それでも不妊治療中の流産率は医師が注意深く観察を行っていることもあり、自然妊娠の流産率よりも少ない数字です。年齢によって増えていく変化については不妊治療中も自然分娩もほぼ同じです。

高齢妊活で自然妊娠を目指す方法1.ホルモンバランスを整える

さまざまなリスクを知ったうえで高齢妊活に臨むのであれば、乱れやすいホルモンバランスをできる限り整える努力をしましょう。ホルモンバランスは自律神経の影響を受けやすく、自律神経の乱れは他にも精神や肉体にあらゆる不具合をもたらします。自律神経は交感神経と副交感神経の2つからなり、交互にバランスを取りながら人間のほぼすべての活動に影響を与えています。一方、ここでいうホルモンバランスとは男性ホルモンと女性ホルモンのバランスです。女性にも男性ホルモンがあるので、男性ホルモンが優位に働くことがあります。男性ホルモンは男性が社会で強く生きていけるように活動を制御するものですから、ストレスが溜まってきたと感じると男性ホルモンの働きが強くなります。ですから、女性ホルモンを優位に働かせるためにはゆったりとした気分でストレスを溜めないように生活することが欠かせません。規則正しい生活習慣や睡眠不足を解消することなどによって、自律神経の働きを改善し、ホルモンバランスを元に戻していくことが重要です。

高齢妊活で自然妊娠を目指す方法2.排卵日と子作りのタイミング

高齢妊活で自然妊娠を目指すなら、排卵日を予測し、そのタイミングに合わせて子作りする方法から始めるのが基本です。一般的には基礎体温を計ってグラフか表にして、ホルモンバランスのチェックをしながら、排卵のタイミングを探ります。低温期と高温期の差が0.3度程度であればホルモンバランスはほぼ整っていると見てよいでしょう。しかし、変動が大きすぎたり、変動幅が少なかったりする場合は何か問題があると考えられます。その場合は、ホルモンバランスを崩している原因が何かを考えます。原因を取り除いてホルモンバランスを整えてからでなければ受精しにくいのはもちろん、せっかく受精しても着床しづらくなります。着床した後も無事に赤ちゃんが育つ環境にするためには、ホルモンバランスを整えることが欠かせません。きちんとホルモンバランスが整った段階で、排卵日にあわせて夫婦生活をし、結果がどうなるかを観察していきます。低温期と高温期がわかれるようであれば、妊娠していないということですから、また最初から行うか、別の方法をとるようにします。

高齢妊活で自然妊娠を目指す方法3.前向きな気持ちで取り組む

高齢妊活の場合、リミットまでの時間がないと焦ってしまうことがかえって精神的なストレスになり、結果に繋がらないということがよくあります。ストレスは自律神経やホルモンのバランスを崩す原因になり、溜めてもよいことはひとつもありません。自然妊娠は若くても確実性がある方法ではないのですから、気楽にかつ前向きな気持ちで取り組むことが大事です。妊娠するかしないかは専門の医師でもわからないことで、治療をしながらでも100%ではありません。上手くいかなかったとしても誰のせいということはありません。ですから、自分のせいだと落ち込んだり、夫のせいだと責めたりしても意味がないのです。自然妊娠を望むのであれば、結果も自然の流れに任せる気持ちでいきましょう。細かいことをあれこれ考えず、くよくよしないようにしていることがいちばんの近道かもしれません。「絶対」がない以上は「必ず○○する」とか「○○しなければ」などと自分を追い詰めるような考え方はしないようにしましょう。

リミットを設けることも大事

自然妊娠を望むのであれば、一喜一憂せずに待つという気持ちが必要ですが、高齢妊活の場合はいつまでもそのまま自然に任せるというわけにもいきません。高齢妊娠のリスクは年齢と共に上がっていくので、本当に赤ちゃんの誕生を願うのであれば早めの決断が必要です。自然妊娠にかけるのはいつまでというリミットを設けておき、うまくいかなかったときは迷わずに次のステップに切り替えるということを最初に決めておくことをおすすめします。
関連記事:「妊娠できるか不安なあなたへ!高齢妊活のポイント

F-visionの卵子提供プログラムの流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る