妊娠したい大人の女性へ… 35歳以上からの高齢妊活講座

Pocket

女性の社会進出が進み、働く女性が増えている中、結婚や出産を考え始める時期が遅くなりました。実際、30歳を過ぎてから結婚を考え始める女性も増えています。そのため、出産年齢も当然高くなってきています。それなのに、35歳以上は高齢出産といわれてしまうという現実もあります。35歳からでも十分赤ちゃんを授かることは可能なのですから、子どもが欲しいならあきらめずに妊活しましょう。ここでは高齢妊活のポイントについて解説します

減り続ける卵子の数

35歳以上は高齢出産といわれる理由のひとつとして、加齢に伴って卵子の数が減り、妊娠確率が減少してしまうことが挙げられます。しかし、35歳で急激に卵子の数が減るわけではありません。実は、卵子は女性がこの世に誕生する前から減り続けているのです。女性の卵子は初潮があってから女性として成熟するとともに増えるというイメージを持っている人が多いかもしれませんが、最も卵子が多い時期は胎児として母親のおなかの中にいる時期です。妊娠6カ月の胎児は約700万個の卵子を体内に持っていますが、誕生したばかりの赤ちゃんが持っている卵子の数は200万個です。もはや誕生までに500万個もの卵子が失われています。これが初潮を迎える時期には10万個となり、年齢が進むにつれて減り続けます。35歳で3万個にまで減り、その後も閉経まで減り続けるので、できるだけ早い時期に妊娠出産することが望ましいとされるわけです。

35歳から高齢妊娠といわれる理由

35歳以降は高齢妊娠といわれるのは卵子の減少だけが理由ではありません。人間は加齢に伴って身体の細胞を作り出す機能も少しずつ衰えていきます。それは卵子を作り出す細胞にもいえることで、卵子の細胞の質にも影響を与えます。卵子の質が落ちるとは、具体的にいうと、受精をしても細胞分裂がうまく進まなかったり、着床しなかったりすることをいいます。何とか着床までこぎつけても、胎児がうまく育たず流産や早産のリスクも高まります。つまり、35歳以上を高齢妊娠というのは、卵子の数が少なくなるため妊娠しづらくなるということだけを意味しているわけではありません。どちらかというと、35歳以上はリスクのある妊娠の確率が増えるため、医師による十分な観察を要するという意味で特別に高齢妊娠といっていると考えた方がよいでしょう。

把握しておきたい高齢妊娠のリスク

医学が進歩したことによりかなり年齢を重ねていても妊娠は可能になっています。しかし、高齢妊娠として特別な観察を要すると考えられているわけですから、年齢が若い人よりもリスクを伴っていることは確かです。高齢妊娠でリスクが高まるのは流産や早産の他、妊娠高血圧症候群、などです。もちろん10代、20代の女性でも流産のリスクはあります。全年齢の流産確率が約15%なのに対して35歳以上は約20%に上がるというレベルです。卵子の質の低下により着床後に胎児が育たないケースが増えるためと考えられます。また、妊娠高血圧症候群は妊婦のうち約20人に1人がなる症状ですが、35歳以上になると重症化しやすくなります。早産のリスクが高まるのはそのためです。さらにダウン症など先天性異常の発症リスクも高くなります。これも卵子の質の低下により細胞分裂がうまくいかなくなることが原因です。これらのリスクは年齢に関わらずあるものですが、35歳以上は高まるということを理解したうえで妊活に臨みましょう。

高齢妊活ポイント1.運動と栄養

高齢妊娠はさまざまな面でリスクが高まるので、高齢妊活を始めるなら運動と栄養については特に注意が必要です。高齢妊活に欠かせないのは適度な運動と栄養管理です。血行を少しでも良くして、体中に酸素を行き渡りやすくしましょう。栄養の吸収率も加齢とともに落ちていくので、必要な栄養をきちんと調べ、それ以上の摂取量を目指して摂るようにすることが欠かせません。体温が下がると妊娠しづらくなるため、体温を上げやすくする筋肉を鍛えて筋肉量を増やし、基礎代謝を増やします。そして、ウォーキングや水泳などの有酸素運動をしてできるだけ熱を作り出すようにするのがおすすめです。できるだけバランスの良い食事をとるように心がけ、卵巣や子宮を健康に若々しく保つ努力もしましょう。甘いもの、塩分、脂肪分の摂りすぎには注意が必要です。

高齢妊活ポイント2.ストレスケア

高齢妊活で注意したいのがストレスです。仕事を続けながらであれば、社会的な責任も重くなっている時期ですし、妊活できる期間にリミットがあることからなかなか妊娠しないとストレスも感じやすくなります。しかし、ストレスは自律神経に影響を与えるため、身体の健康すべてに悪影響を及ぼします。妊活が長引くと精神的にも肉体的にも消耗しやすくなります。しかし、ストレスを感じること自体が妊活を長引かせることにもつながります。ですから、高齢妊活では上手にストレスを発散することが欠かせません。無意識のうちに自分にプレッシャーをかけすぎていないかをときどき振り返ってみましょう。ときには妊活を忘れて好きなことをする時間も必要です。妊活は無理をすると続けられませんから、適度にストレスを発散できる方法を身につけておきましょう。

高齢妊活ポイント3.不妊治療も視野にいれて

自然妊娠が必ずしも良い方法とは限りません。高齢妊活では不妊治療も早い時期から視野に入れておくことが大事です。妊娠にはタイムリミットがありますが、それが何歳なのかが人によって異なります。何歳まで妊娠できるかがわからないうえに、年齢が高くなるほど、卵子の数が減り妊娠しづらくなっていき、高齢妊娠になるほど妊娠してもリスクが高まります。焦るとストレスでさらに妊娠しづらくなり、長期戦になってしまうのですから、あまり時間をかけてのんびりと構えているわけにもいきません。35歳以上の場合は6カ月間妊活して妊娠しないようなら不妊治療を考えた方がよいともいえます。どのタイミングで切り替えるかを夫婦でよく話し合って計画的に取り組み、後悔しないように妊活を進めましょう。

メリットもある高齢妊活

高齢妊活は一見デメリットが大きいように感じられますが、実はメリットもあります。例えば、最初からどのようなリスクがあるかをしっかり理解したうえで妊活できることや、ある程度期限を切り計画的に妊活を行える点は、妊活時のストレスを減らすことにもつながります。何が妊活に必要かをきちんと理解し取り組めば、それだけ結果が出やすくなります。始める前から無理かもしれないなどとあきらめずに、明るい気持ちで取り組んでみましょう。
関連記事:「妊娠できるか不安なあなたへ!高齢妊活のポイント

F-visionの卵子提供プログラムの流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る