妊娠できるか不安なあなたへ!高齢妊活のポイント

Pocket

女性の社会進出が進んだ日本では結婚する年齢が上がり、それに伴って子どもを産む年齢も上がってきています。そのため、本格的に妊活を考えたときには既に高齢妊娠と呼ばれる年齢に近づいていることも少なくありません。子どもが欲しいと思ったときに初めて、本当に妊娠できるのか不安に感じたという人もいるでしょう。そこで、この記事では高齢妊活を考えている女性に、妊娠・出産するための妊活方法をさまざまな観点から解説します。

高齢妊娠の人が知っておきたい妊活基礎知識

まずは、なぜ35歳以上の妊娠を高齢妊娠と特別に呼ぶのかという点から説明しましょう。女性が持つ卵子は胎児のときに作られ、その後は数がどんどん減っていくだけで新しく作られることはありません。つまり女性本人と卵子の年齢は同じです。妊娠6カ月の胎児が700万個持っている卵子が誕生したときには200万個まで減り、初潮を迎えたときには既に10万個まで減ってしまっています。その後も数が減り続け、35歳のときには3万個です。閉経までさらに減り続けるため、35歳以降は卵子の数が少ない状態です。しかも、年齢と同じだけ年を取っている卵子は年々質も低下しています。細胞分裂に異常がみられるものも出てくるので、染色体異常の子どもが生まれるリスクも高まるのも35歳以降です。また、卵子以外にも全身で加齢が進むため妊娠高血圧症候群などのリスクも高まります。専門医の特別な観察が必要な妊娠になるため、高齢妊娠という特別な名前で呼ばれます。ですから、この時期の妊活は、高齢妊娠になることも意識して行うことが大事です。
詳しくは、「妊娠したい大人の女性へ… 35歳以上からの高齢妊活講座」をご参照ください。

不妊治療なし高齢妊活で自然妊娠は可能?

高齢妊活で自然妊娠は可能かというと、無理ではないけれども若いときよりは難しくなっているといわざるを得ません。自然妊娠の妊娠率や流産率ははっきりわかりませんが、不妊治療を行った際の年齢別の流産率や生産率(生きて生まれてくる割合)なら統計があります。流産率も生産率も30代前半までは横ばいですが35歳を超えるあたりから急激に変化し、40歳を超えると生産率は1桁になってしまいます。そして45歳では限りなくゼロに近くなってしまいます。逆に流産率は35歳を超えたところから高くなり、45歳を迎えたときには66%という高い数字になります。不妊治療の場合と自然妊娠とでは受精に至る割合が異なるもの、着床から出産までは同じ状況になります。ですから、数字的には異なっても変化の仕方はほぼ同じになると考えられます。ですから、自然妊娠が難しくなるのは確かです。しかし、卵子や精子の質を落とさないように食事や生活習慣に気を配ったり、排卵のタイミングに合わせた夫婦生活を行ったりするなどの妊活は有効でしょう。
詳しくは、「自然妊娠で子どもを授かる高齢妊活3つの方法」をご参照ください。

高齢だけど2人目が欲しい人のための妊活のコツ

35歳を過ぎてからの妊娠でも、経産婦の場合は高齢妊娠とはいいません。初産婦と比べれば身体が妊娠や出産の準備体制に自然と入りやすいので、リスクは多少少ないといえます。しかし、卵子や体自体が加齢の影響を受けていることは初産婦と同じです。ですから、1人目は自然妊娠できたのに、2人目はうまくいかないということはあり得ます。2人目を生むために高齢妊活が必要になることも考えておきましょう。1人目を子育てしながらですから、体力的にきついところもあります。産婦人科を妊活の段階から味方につけておくと、的確にアドバイスをしてもらえるのでおすすめです。
詳しくは、「2人目が欲しい夫婦へ贈る高齢妊活のポイント」をご参照ください。

体も卵子も健康でいるのが高齢妊活の秘訣

高齢妊活のカギを握るのが卵子の健康です。卵子は加齢によって数が減るうえに、質も大きく変化します。卵子がうまく細胞分裂できなくなると、染色体異常が起こる率が上がり、リスクのある妊娠になる可能性が高まります。受精卵が父親と母親から半分ずつ受け継ぐ染色体は、長いものから順番に23対あります。長いものにはたくさんの情報が載っているため、そこに異常が起こると、着床できなかったり、流産になったりする形で自然淘汰されてしまいます。しかし、21番目の短い染色体に異常がある場合には3割くらいの確率でダウン症を持った子どもとして生まれてきます。つまり、リスクのある妊娠にならないようにするためには、卵子の質を落とさないような妊活をすることが大事です。卵子の健康を気遣った生活をするようにしましょう。
詳しくは、「高齢妊活するなら必ず覚えておきたい卵子の基礎知識」をご参照ください。

高齢妊活だからこそ気をつけたい食事内容

高齢妊活では、卵子の質を落とさないことがポイントです。卵子を健康な状態で保つためには、必要な栄養素を十分に摂ることが欠かせません。体を作るタンパク質や細胞膜を作るコレステロールは心掛けて摂るようにしましょう。高齢妊活の場合、積極的に摂りたい栄養素以上に気をつけなければならないのが、NGな食事です。例えば身体を冷やしてしまう食事は避けたいところです。体が冷えると血流が悪くなり、子宮にも栄養素が行かなくなるので、妊娠しづらくなります。また、太っていると妊娠しにくいからといって、食事制限だけでダイエットしようとするのも逆効果です。もしもダイエットして妊娠しやすい体を作るのであれば、運動を取り入れたダイエットにしましょう。
詳しくは、「高齢妊活で欠かせない栄養素とNGな食事とは?」をご参照ください。

高齢妊活で不妊で悩んだら漢方を取り入れてみて

高齢妊活には上手に漢方薬を取り入れるのがおすすめです。漢方薬は体質に合わせて処方するものですから、副作用が少なく効き目が優しいのが特徴です。漢方薬を使うなら、自分の体質や弱っている部分を知るために、虚証・実証と気・血・水について調べます。虚証は虚弱で寒がり、実証は筋肉質で体力があるなど、相反する特徴があります。気・血・水はそれぞれ2つずつのタイプに分かれるので、2つの物差しでどのような体質でどこが弱っているのかを調べていき、その症状を緩和する漢方を処方してもらいます。高齢妊活用の漢方薬を処方してもらうなら、漢方薬を扱う産婦人科か、漢方の専門薬局に相談するとよいでしょう。
詳しくは、「高齢妊活で不妊に悩んだら試してみたい漢方薬のすすめ」をご参照ください。

高齢妊活なら特に摂りたい妊娠のためのサプリ

高齢妊活では、不足しがちな栄養素をサプリで摂取するのがおすすめです。細胞を傷つけ、体を老けさせる活性酸素を除去するために、ビタミンEやC、カロテンなどの抗酸化ビタミン類を摂ることが大事です。また、高齢妊活に限らず、妊娠を望むなら欠かせないのが鉄分と葉酸、そして亜鉛です。赤血球を作る際に使われる鉄分や葉酸を十分に摂れば、血流が改善され、卵子や子宮にも十分酸素や栄養素が行き渡ります。亜鉛はタンパク質の合成に欠かせないもので、卵子の質を保つために欠かせないものです。これらの栄養素は食事からでももちろん摂ることができますが、十分な量を摂るのは簡単ではありません。不足分を補うためにも、サプリで摂取できるようにしておくとよいでしょう。
詳しくは、「妊娠・出産のための高齢妊活おすすめサプリ5選」をご参照ください。

高齢妊活だからこそ悩む仕事との両立

日本では、まだまだ職場の妊活に対する認識は十分とはいえません。妊活のための休みが用意されていたり、妊活の費用を一部でも補助してもらえたりするような企業はほんの一部の大企業だけです。多くの企業では、妊活をしているとは言い出せずに、休むことの罪悪感に悩みながら妊活をしている女性が多いのが現状です。高齢妊活では疲れやストレスを溜めることは避けたいところですが、仕事と両立しようとすると、無理をすることになり、なかなか妊娠できない状況になってしまいがちです。仕事を辞めることには、妊活に専念できるなどのメリットもありますが、妊活にはお金がかかることもあり、辞めてしまうことのデメリットも小さくありません。仕事を辞めるかどうかは1人だけの問題ではないため、夫婦で十分に話し合って決めるようにしましょう。
詳しくは、「高齢妊活と仕事… 両立のリスクとメリットを考えよう」をご参照ください。

高齢妊活で行き詰まったら旦那と一緒に検査を受けて

高齢妊活では、卵子の質が落ちているために妊娠できないと判断されがちです。なぜなら、男性は高齢でも毎日精子が作られるため、生殖能力は保たれているからです。しかし、男性の精子も年齢と共に質が落ちていきます。毎日作られても、作り出す身体の方が加齢で衰えてきているため、若いころと同じではないのです。運動能力が衰えた精子が多くなると、数は十分にあっても、卵子までたどり着かず受精できません。ですから、もし高齢妊活を続けてもなかなか妊娠できないときは、奥さんだけでなく旦那さんも検査を受けてみる必要があります。不妊は2人の問題です。一緒に取り組んでいきましょう。
詳しくは、「旦那が高齢でも妊娠できる?夫婦でガンバル妊活」をご参照ください。

高齢妊活は明るく前向きに!自分を追い詰めないで…

高齢妊活はすぐに成果が現れないこともあります。年を重ねるごとに自然妊娠しにくくなっていきますから、ある程度期限を区切って、次のステップに進むタイミングを早いうちから決めておくことも大事でしょう。妊活で大事なのは前向きに過ごすことです。女性の場合、妊娠できる時期のリミットがあるため、成果が出ないと自分を責めてしまいがちですが、方法はひとつだけではありません。気持ちに余裕を持って、夫婦で頑張っていきましょう。

F-visionの卵子提供プログラムの流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る