卵巣にチョコレート嚢胞?人工授精で妊娠は可能なの?

Pocket

妊娠が成立するために不可欠な卵巣。受精に必要な卵子を育てて排卵するほか、黄体ホルモンを分泌して女性の生理周期を正常に保つ役割があります。卵巣に異常があると不妊の原因となりますが、今回はその中でもチョコレート嚢胞に注目します。チョコレート嚢胞とはどのような症状なのか、チョコレート嚢胞ができるとなぜ不妊になってしまうのかなどを解説します。チョコレート嚢胞と人工授精の関係についても説明しますので、不妊治療を始める人は、ぜひ参考にしてみてください。

チョコレート嚢胞っていったい何?

チョコレート嚢胞とは、卵巣内に子宮内膜ができてしまう症状のことです。子宮内膜とは子宮内部に存在する上皮組織で、排卵日をすぎると黄体ホルモンの働きで厚みを増していき、受精卵を迎え入れる準備をします。着床がなければそのまま剥がれ落ちて、月経という形で体外に排出されます。子宮内膜症とは、子宮以外の場所に子宮内膜ができてしまう病気です。主に、腹膜やダグラス窩と呼ばれる子宮と直腸の間にある腹膜のくぼみ部分、卵巣などにできやすいのが特徴です。エストロゲンとプロゲステロンなど女性ホルモンの働きによって増えていき、月経と同じく出血もします。卵巣内の子宮内膜も増殖と出血を伴いますが、月経がきても体外に排出されません。逆に出血した血液が卵巣内で溜まっていき、やがて袋状の嚢胞になります。溜まった血液は時間とともに酸化して茶褐色のドロドロ状態になるので、チョコレート嚢胞という呼び名が付きました。正式名称は子宮内膜症性卵巣嚢胞で、嚢胞が個体化するとチョコレート嚢腫と呼ぶこともあります。チョコレート嚢胞の代表的な症状が疼痛で、生理痛や排便痛、性交痛などがひどくなりやすく、痛みから病院を受診して気づくケースもあります。原因はハッキリしておらず、女性ホルモンによって育っていくため、月経があるうちは早めに対処しないと症状はひどくなっていきます。

チョコレート嚢胞はどうやって治療するの?

チョコレート嚢胞の治療法は、薬物療法と手術療法の2種類です。薬物療法では、チョコレート嚢胞の根治はできません。疼痛を抑えたり症状の悪化を防いだりするための、対処療法です。独身やしばらくの間は妊娠の意思がない女性の場合は、低用量ピルを使って子宮内膜の成長や増殖を抑えて痛みを軽減させます。一方、手術療法は腹腔鏡下手術によって嚢胞ごと取り除く処置です。腹腔鏡下手術は切除範囲が小さく、卵巣機能を残したまま患部を切除できるのがメリット。卵巣機能が残っていれば妊娠も可能なため、根治を目指すなら手術療法が望ましいでしょう。しかし、患部が大きい場合や40代以上の女性で妊娠を望まない場合は、卵巣や卵管の切除手術をするケースもあります。チョコレート嚢胞は個体化すると嚢腫になり、がん化するリスクが伴います。卵巣がんは腹膜播種ができやすく、ほかの臓器にも転移しやすいため早めに切除手術をしたいところです。また、子宮内膜は女性ホルモンの働きで増殖と出血を繰り返しますので、閉経後は症状が改善するといわれています。その特徴を活かして、閉経が近い女性の場合は薬物療法で意図的に閉経状態を作り出し、そのまま閉経を迎える「逃げ込み療法」が行われるケースも存在しています。

なぜチョコレート嚢胞だと妊娠しづらいの?

チョコレート嚢胞でも卵巣機能が働いていれば、妊娠する可能性はあります。チョコレート嚢胞で特に妊娠しにくいのは、薬物療法による治療を行っている場合です。チョコレート嚢胞の原因である子宮内膜は、月経終了後の卵胞期に多く分泌されるエストロゲンの働きによって増殖し、排卵後の黄体期に分泌されるプロゲステロンによって成熟していきます。妊娠するにはエストロゲンとプロゲステロンの分泌バランスが重要で、どちらが欠けても不妊の原因になります。チョコレート嚢胞の薬物療法の場合、エストロゲンの分泌を抑えるホルモン剤を投与して、子宮内膜の増殖を阻止します。エストロゲンは子宮内膜を増やすだけではなく、卵胞を成熟させたり子宮頚管粘液の分泌を増やして精子が子宮内に入りやすいようにしたりする役割があります。エストロゲン分泌が抑制されれば卵胞は成熟しにくくなりますので、仮に精子が子宮内に入っても、受精するチャンスをつかむのは難しくなります。妊娠の予定や意思がない女性なら有効な療法ですが、妊娠を望む女性にはおすすめできない療法です。医師と相談をしながら、どのような治療法で妊娠を目指すのか、よく考える必要があるでしょう。

人工授精ならチョコレート嚢胞でも妊娠可能?

たとえチョコレート嚢胞ができていても、卵子が育って排卵が起これば自然妊娠も可能です。しかし、チョコレート嚢胞は子宮内膜が排出されず、酸化した状態で留まっているいわば卵巣内の不要物です。そのままにしておくと組織同士の癒着や炎症が起こったり、卵巣内の血流が悪くなって卵細胞の成長を阻害したりするため、排卵障害を起こしやすくなります。月経がある間はチョコレート嚢胞がひどくなる可能性が高く、それに伴う症状も悪化していく恐れがあります。チョコレート嚢胞になって3年以内の自然妊娠の確率は約5%と大変低く、妊娠を希望するなら早めの対処が必要です。腹腔鏡下手術で卵巣機能を残したまま嚢胞を切除できれば、その後の自然妊娠の確率は大きく上がります。ただ、その後も不妊に悩む女性も少なくないため、人工授精で妊娠率を上げるのは効果的です。卵巣は子宮を挟んで両側に2つあります。仮に片方の卵巣をすべて切除しても、もう片方が残っていれば妊娠の可能性は残っています。人工授精の成功率は年齢が上がるほど低くなっていきますので、チョコレート嚢胞であることがわかったら不妊治療も含めた対処が重要です。排卵のタイミングに合わせて人工授精を行うことで、妊娠の確率を高めることができます。

症状によって妊娠可能な方法が異なる

チョコレート嚢胞は両方の卵巣にできる場合や、炎症を起こして卵管の癒着を引き起こす場合など、重症度や症状の出方に個人差があります。チョコレート嚢胞を切除することで自然妊娠が可能になるケースがある一方、チョコレート嚢胞の範囲が大きく癒着などがひどい場合は人工授精の過程を飛ばして、体外受精に切り替える必要もあります。チョコレート嚢胞がある場合は、症状をよく見極めたうえで不妊治療を進めていくことが重要です。
関連記事:「人工授精って自然妊娠とどう違う?前向きな不妊治療のための人工授精講座

F-visionの卵子提供プログラムの流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る