人工授精をするなら知っておきたい!妊娠できる確率ってどれくらい?

Pocket

不妊治療のステップアップ療法の一貫である人工授精。一体どのくらいの確率で妊娠できるのでしょうか。人工授精をするにはそれなりの時間とお金がかかります。時間がかかればかかるほど、妊娠できないことに対するプレッシャーや不安も大きくなりがち。そんな気持ちを少しでも取り除くために、今回は人工授精による妊娠率についてお話しします。不妊に悩んでいる人も焦っている人も、まずは心を落ち着けて、人工授精の現状を確認していきましょう。

人工授精とはどういうもの?

ひと言で不妊治療といっても段階と種類があります。人工授精は不妊治療の第二段階目にあたる療法で、このほかタイミング療法や体外受精、顕微授精などの療法があります。人工授精と体外受精には明確な違いがあります。人工授精は採取した精液を洗浄、濃縮したうえで、女性の子宮内に注入します。人工授精の目的は、精子が卵管膨大部にいる卵子にたどり着きやすくして、着床しやすくすることです。精子を洗浄、濃縮するのは、雑菌を取り除いて子宮や卵管が炎症するリスクを取り除き、精子を元気な状態にするため。精子が子宮内に入ってからは自然妊娠の過程となんら変わりはなく、精子が自分の力で卵子までたどり着けなければ受精はしません。たとえ受精したとしても受精卵が子宮内膜に着床しなければ、やはり妊娠は成立しません。一方、人工授精で妊娠に至らなかった場合のステップアップ療法が体外受精です。体外受精は卵子と精子を採取してシャーレ上で受精させて、受精卵になったら子宮内に戻す療法。人工授精よりも人の手が多く加わるのが特徴です。

人工授精だと妊娠の確率は高まるの?

人工授精の1周期あたりの成功率は、5~10%といわれています。期待していたよりも、ずいぶん低い確率のように思えるかもしれません。しかし、長年不妊で悩んできた人にとっては、それでも妊娠できる確率は上っているといえます。不妊の原因は女性のみならず、男性側にある場合も多いもの。たとえば、精子の運動率が低いと自然妊娠しにくくなります。精子の運動率のほか、精子欠乏症、精子減少症、EDなど、不妊の原因が男性側にある場合に、人工授精は有効な不妊治療です。精液を濃縮することで精子の運動率を高め、精子を子宮頸管カテーテルで注入することで受精する確率を上げます。人工授精の目安回数は6~12回で、その間に妊娠できる確率は3~4割です。しかし、人工授精を2回繰り返して妊娠する人の確率は全体の6割、5回まで繰り返すと約9割もの人が妊娠成立まで至っています。1回の人工授精で妊娠する確率は低いですが、回数を繰り返すと確率は上っていきます。

人工授精の成功確率は年齢によっても異なる?

自然妊娠でも人工授精でも、妊娠する年齢は意識したいところです。人工授精の役割は精子を子宮に送り込むまでで、そこから先は精子と卵子がどこまでがんばれるかにかかっています。そういう意味では自然妊娠と人工授精の間に違いはありません。自然妊娠の確率は若い人のほうが高いですが、人工授精の確率も若い人のほうが高いです。自然妊娠の成功率は、20代で20%、30代で15%、40代で1~5%といわれています。一般的に35歳をすぎると卵子の質の低下が一気に進み、40代での妊娠はとても難しくなってきます。人工授精の場合も同様で、30代前半までは着床率が高いものの、40代になるとその成功率は一気に下がります。着床できてもそのあとに流産する確率も高くなりますので、妊娠できたからといって一喜一憂はできません。人工授精では精子の質を良くする処置は施すものの、子宮内膜の状態や卵子の質によっては受精卵が育たなかったり、うまく着床できなかったりします。人工授精も自然妊娠も、年齢が高くなるほどに失敗するリスクが増えることに注意しましょう。

妊娠の確率をアップする方法はないの?

人工授精による妊娠確率を上げるなら、できるだけ若いうちに不妊治療を始めるのが重要です。20代のうちは仕事を持つ女性が多く、子どもを持つイメージがつかない人もいるでしょう。しかし、なるべく早いうちに自然妊娠できるのか不妊なのかを知ることで、将来子どもを授かれなくなるリスクを減らすことができます。身体を内外からケアすることで、妊娠率を上げる努力も大切です。身体の冷えはホルモンバランスが乱れる原因になるため、常に身体を温めて冷えを予防しましょう。特に冷え性の人は食事や飲み物などで体内から冷えを取るようにしてください。また、妊娠初期に摂りたい栄養素が葉酸です。妊娠前から積極的に摂取することで、授かった子どもの神経管閉鎖障害のリスクを減らすことができます。タバコを吸っている人はすぐにやめて、ストレスを溜めない生活を心がけましょう。太りすぎの人は排卵障害を起こすリスクがあり、適度に運動をしながらダイエットをする必要があります。

確率アップのために男性ができること

古くから不妊は女性の側にのみ原因があると思われてきましたが、近年では不妊理由の約半分は男性側に原因があることがわかっています。妊娠の確率をアップするためには、男性なら精子の運動率上昇がポイントです。仕事で日々忙しく過ごしていても、できるだけストレスや疲労を溜めないよう、適度に身体を休めるようにしましょう。愛煙家は喫煙を、愛飲家はアルコール量を減らす努力をしてみてください。人工授精の場合は、男性の精子を用手によって採取します。採取から人工授精までの時間は短いほうが、精子の質は高くなります。病院で採取するのは抵抗があるかもしれませんが、ここ数年では採取するための部屋を用意してある病院も多く、ほかの部屋よりも離れた場所にあるなどの配慮もしてあります。人工授精の日が決まったら、できるだけ病院内で採取できるように、スケジュール調整や気持ちの整理をつけておくようにしましょう。

人工授精での妊娠確率は夫婦が協力すれば上がる

人工授精は精子の状態が良くない場合や、タイミング療法を6回以上繰り返しても妊娠が成立せず、原因も不明である場合に有効とされています。特に男性側に原因がある場合に向いている療法ですが、女性の体内が整っていることも成功確率を上げるために重要です。不妊治療で大切なのは、夫婦協力しあうこと。お互いに前向きな気持ちで治療に臨めば、妊娠の確率を高める可能性は十分にあります。不妊治療が長引くとモチベーションの維持が難しくなります。精神的な意味でも、夫婦の助け合いが必要になるでしょう。
関連記事:「人工授精って自然妊娠とどう違う?前向きな不妊治療のための人工授精講座

F-visionの卵子提供プログラムの流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る